このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索
渋川市トップよくある質問観光歴史・伝統> (Q&A)渋川市内で開発・建築等の工事を行う場合、どんな手続きが必要ですか

(Q&A)渋川市内で開発・建築等の工事を行う場合、どんな手続きが必要ですか

Q(質問)

  渋川市内で開発・建築等の工事を行う場合、どんな手続きが必要ですか

A(回答)

  事業地が「周知の埋蔵文化財包蔵地」に該当している場合には、文化財保護法第93条第1項の規定に基づく届出(一般の開発)、または、文化財保護法第94条第1項の規定に基づく通知(地方公共団体等が行う開発)を工事着手前に渋川市教育委員会へ提出する必要があります。
  提出後、工事計画の内容や周辺の埋蔵文化財の状況等を確認し、範囲確認調査を行います。その後、「慎重工事」、「工事立会」、「発掘調査」のいずれかの指示をします。また、「周知の埋蔵文化財包蔵地」に該当していない場合でも、試掘調査を行うことがあります。

周知の埋蔵文化財包蔵地に該当するかどうか、届出等の書式についてはこちら


掲載日 平成27年12月25日 更新日 令和2年12月1日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
教育部 文化財保護課 埋蔵文化財係
住所:
〒377-0062 群馬県渋川市北橘町真壁2372番地1
電話:
0279-52-2102
FAX:
0279-52-4008
Mail:
(メールフォームが開きます)

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています