このページの本文へ移動
トップ暮らし・手続きライフイベント引越し・住まい住まい・土地住まいと土地について> 市内から東京圏の大学等へ通学する方へ〜渋川市定住促進県外通学学生応援事業助成金〜

市内から東京圏の大学等へ通学する方へ〜渋川市定住促進県外通学学生応援事業助成金〜

渋川市定住促進県外通学学生応援事業

市内から県外の東京圏(東京、千葉、神奈川)に所在する大学等に列車の定期券を利用し、通学する大学生等の定期代金の一部を補助します。

  大学生等及びその保護者の経済的負担を軽減し、もって市民の定住の促進を図るため、東日本旅客鉄道株式会社等が運行する列車を利用して東京圏の大学等に通学する大学生等に対し、予算の範囲内で県外通学学生応援事業補助金を交付します。

対象者

  補助金の交付を受けることができる方は、渋川市内に住所を有する者であって、以下の条件を全て満たす方です。

  • 東日本旅客鉄道株式会社等が運行する列車の通学定期券を利用して通学する大学生等の保護者(または本人)
  • 市税の滞納がない方
  • 通学定期券の購入に要する経費に対して他の補助金の交付を受けていない方

対象期間

 東京圏に通学を開始した日の属する月から学校教育法が定める修業年限以内までとする。

対象額、補助額

令和6年度4月1日以降の補助対象期間において東日本旅客鉄道株式会社等が運行する列車の通学定期券の購入に要した経費であって、一会計年度につき下表を上限とし、購入金額が下表に示す金額未満の場合は、購入金額全額を補助します。ただし、百円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てます。

補助金額表
新幹線、特急利用あり 10,000円/月(年間120,000円上限)
新幹線、特急利用なし 5,000円/月(年間60,000円上限)

対象経路

補助金の対象経路は、渋川市内に所在する駅を出発点とし、東京圏の大学等に通学する経路とします。

補助対象期間において必ずしも同一区間であることを要しません。

ただし、その経路は、通学経路として通常利用すると考えられる合理的なものでなければなりません。

申請時の提出書類について

補助対象者及び補助対象期間の条件を満たし、補助金の交付を受けようとする申請者は、定期券購入後1年以内に渋川市定住促進県外通学学生応援事業補助金交付申請書(pdf様式1号)に、次に掲げる書類を添えて市長に申請してください。

  1. 申請者世帯全員の住民票(続柄記載のあるもの)
  2. 補助対象学生に係る学生証の写し又は在学証明書
  3. 通学定期券の写し又はその他通学費用がわかるもの
  4. その他市長が必要と認める書類

【注】押印は省略することが可能ですが、その場合、書類の真正性を担保するため、必要に応じ、電話等で確認を行う場合があります。

案内チラシ・交付要綱等

詳しい内容のお問い合わせは、下記の担当課へご連絡下さい。


掲載日 令和6年4月1日 更新日 令和6年6月13日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
市民環境部 市民協働推進課 移住定住支援係
住所:
〒377-8501 群馬県渋川市石原80番地
電話:
0279-22-2401
FAX:
0279-24-6541
(メールフォームが開きます)