手当・年金・見舞金

最終更新日 2019年4月1日

ページID P000427

印刷

手当

特別児童扶養手当(1級、2級)

手当の説明

重度の障害を有する児童(20歳未満)を監護する父母等に支給します。

申請に必要なもの

所定様式(市役所こども課備付)の診断書等

(補足)所得制限等、支給要件がありますので、詳しくはお問い合わせください。

申請・お問い合わせ先

市役所本庁こども課

障害児福祉手当

手当の説明

著しく重度の障害を有し、常時介護を要する在宅の児童(20歳未満)本人に支給します。

平成31年度の支給額は月額14,790円です。

申請に必要なもの

所定様式(地域包括ケア課備付)の診断書等

(補足)所得制限等、支給要件がありますので、詳しくはお問い合わせください。

申請・お問い合わせ先

市役所本庁地域包括ケア課

特別障害者手当

手当の説明

精神または身体に著しく重度の障害を有し、常時特別の介護を要する在宅の成人(20歳以上)本人に支給します。

平成31年度の支給額は月額27,200円です。

申請に必要なもの

所定様式(地域包括ケア課備付)の診断書等

(補足)所得制限等、支給要件がありますので、詳しくはお問い合わせください。

申請・問い合わせ先

市役所本庁地域包括ケア課

年金

障害基礎年金

説明

納付要件を満たしている被保険者又は20歳になる前から障害のある人で、重度の障害を有する成人(20歳以上)本人に支給します。

申請に必要なもの

所定様式(市役所保険年金課備付)による医師の診断書、印鑑、戸籍謄本等

(補足)支給要件がありますので、詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせ先

市役所本庁保険年金課

心身障害者扶養共済制度

説明

1級から3級の身体障害者手帳を有する身体障害(児)者、療育手帳を有する知的障害(児)者及び前記と同等の精神又は身体に継続的な障害のある(児)者を扶養する保護者が加入できる制度で、毎月一定の掛金を納付していただき、加入者に万一のことがあった場合に障害(児)者に年金を支給します。また、一年以上加入した後に、加入者より先に障害のある人が死亡したときは、一時金として加入期間に応じて弔慰金が支給されます。

申請に必要なもの

所定様式(地域包括ケア課備付)による告知書、印鑑、住民票等

(補足)加入要件がありますので、詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせ先

市役所本庁地域包括ケア課

見舞金

特定疾患患者等見舞金

見舞金の説明

市内に住む、特定医療(指定難病)受給者証、特定疾患医療受給者証又は小児慢性特定疾患医療受給者証を持つ人に見舞金を支給します。

支給額及び回数 

支給額は10,000円とし、1人生涯1回限りの支給となります。

申請に必要なもの

特定医療(指定難病)受給者証の写し若しくは特定疾患医療受給者証の写し又は小児慢性特定疾患医療受給者証の写し、印鑑、口座番号の分かるもの(通帳など)

申請・お問い合わせ先

市役所本庁地域包括ケア課

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市福祉部地域包括ケア課障害福祉係

群馬県渋川市石原80番地
電話番号 0279-22-2359
ファクス番号 0279-22-2327
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。