障害者総合支援法 補装具・日常生活用具

最終更新日 2015年12月1日

ページID P000430

印刷

これまでの補装具給付制度と日常生活用具給付等事業は、個別給付である補装具費と、地域生活支援事業による日常生活用具給付に再編されます。

  • 補装具
    障害者等の身体機能を補完し、又は代替し、かつ、長時間にわたり継続して使用されるもの等。義肢、装具、車いす等
  • 日常生活用具
    日常生活上の便宜を図るための用具

補装具費の支給

  • 補装具の支給に際し、原則として1割を利用者が負担することとなります。ただし、所得に応じて一定の負担上限額が設定されます。 (平成22年4月から、低所得(市町村民税非課税)の障害者等につき、補装具に係る利用者負担は無料になりました。)
  • 支給決定は、障害者、障害児の保護者又は難病患者からの申請に基づき、市町村が行います。

日常生活用具の給付

  • 給付決定は、障害者、障害児の保護者又は難病患者からの申請に基づき、市町村が行います。
  • 利用者負担は市町村が決定します。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市福祉部地域包括ケア課障害福祉係

群馬県渋川市石原80番地
電話番号 0279-22-2359
ファクス番号 0279-22-2327
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。