このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索
渋川市トップ > 老齢年金受給者の扶養親族等申告書について

老齢年金受給者の扶養親族等申告書について

老齢年金受給者の皆様へ

  老齢年金は、「雑所得」として所得税・復興特別所得税及び市・県民税(住民税)の課税対象となります。

  所得税及び市・県民税にはさまざまな所得控除がありますが、主だった所得控除を受けるためには、年金保険者から送付される「扶養親族等申告書」に必要事項を記入して指定の提出先へ提出する必要があります。

  なお、税制改正に伴い、令和2年分以降の扶養親族等申告書については、提出の有無による所得税率の差がなくなりました。そのため、次の方は、申告書を提出する必要はありません。

  • 控除対象となる配偶者または扶養親族がおらず、受給者本人が障害者、寡婦(寡夫)等に該当しない方
  • 勤務する会社等で各種控除を申告する方
  • 源泉徴収段階で人的控除の適用を受けず、翌年の確定申告により控除を受ける方

扶養親族等申告書を提出しないと

  所得控除が計上されないため、所得税や市・県民税が高額になる場合があります。

扶養親族等申告書を提出すると

  各種所得控除が適用されるだけでなく、所得税確定申告または市・県民税申告が不要になる場合があります。

(補足)申告に関することは税務課市民税係(下記情報発信元)へお問い合わせください。

令和3年分の扶養親族等申告書が送付される方

  • 65歳以上で、年間158万円以上の年金を受けている人
  • 65歳未満で、年間108万円以上の年金を受けている人

(補足)障がい年金や遺族年金は非課税のため、これらのみを受給している人には送付されません。

送付時期

  日本年金機構からは9月中旬から順次送付されています。

  その他の年金保険者からの送付時期については、各年金保険者へお問い合わせください。

扶養親族等申告書の記載は正確に

  税法上の扶養では、同じ人を複数人が扶養にとることはできません。扶養の申告をするときは、他のご家族の扶養になっていないか必ず確認してください。

  また、扶養される方(被扶養者)の所得要件や、障害者控除、寡婦(寡夫)控除等にもそれぞれ基準があります。記載例や手引き等をよく確認しながら記載してください。

 

<参考>日本年金機構ホームページ

マイナンバーの記入について

  前回までの申告書でマイナンバーを記入していただいている場合、令和2年分の申告書にはマイナンバー欄に「収録済」が、記入欄に「*」が印字されておりますので、記入を省略できます。

  前回までの申告書でマイナンバーを記入していない場合には、扶養親族等のマイナンバーを記入してください(マイナンバーが確認できる書類のコピーの添付は不要です)。

電子申告について

  扶養親族等申告書の提出は、電子申請でも手続き可能です。

  電子申請での手続きを希望される方は、電子政府の総合窓口(e-Gov:イーガブ)より行ってください。

イーガブの画像

(補足)電子申請で手続きする場合には、申請内容の盗視、改ざん、なりすまし等を防止するために電子証明書が必要となります。

扶養親族等申告書の記載・提出方法に関する問い合わせ先

  下記関連リンクまたは渋川年金事務所、扶養親族等申告書お問い合わせダイヤルへお問い合わせください。

  • 渋川年金事務所  電話番号 0279-22-1614
  • 扶養親族等申告書お問い合わせダイヤル

        ナビダイヤル  電話番号 0570-081-240

        050で始まる電話の場合  電話番号 03-6837-9932

  上記で取り扱わない年金については、各年金保険者へお問い合わせください。


掲載日 平成29年9月4日 更新日 令和2年12月2日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
総務部 税務課 市民税係
住所:
〒377-8501 群馬県渋川市石原80番地
電話:
0279-22-2113
FAX:
0279-24-6541
Mail:
(メールフォームが開きます)

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています