このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索
渋川市トップ産業・ビジネス農業委員会農業者年金> 農業者年金(政策支援加入)

農業者年金(政策支援加入)

  一定の要件を満たす農業者の「政策支援加入」の農業者年金を紹介します。農業者なら誰でも入れる「通常加入」がありますので、別途お問い合わせください。

積立方式です

  保険料とその運用益を積み立てて、将来自分が受け取れる年金の原資にします。老後、現役世代の保険料に頼らず年金が受給できる少子高齢化に強い方式です。

要件に合う「担い手」だけが入れます

  加入できるのは、次の要件をすべて満たす方です。

  • 農業従事者(国民年金の第1号被保険者で、年間60日間以上従事する60歳未満の方)
  • 保険料納付期間が20年以上見込まれる(加入から60歳まで。「通常加入」期間含む)
  • 農業所得が900万円以下(必要経費控除後の合計額)
  • 下記表の区分1から5のどれかに当てはまる

保険料の一部を国が補助します

  月額2万円に固定された保険料の一部(4千円から1万円)を国が補助し、残りを自己負担します。区分や年齢ごとに補助額が異なり、補助期間は最長で通算20年間です。いつでも、国庫補助のつかない「通常加入」へ切り替えができます。
 

保険料の負担額と補助額

区分

要件 35歳未満 35歳以上

1

認定農業者で青色申告者

自己負担10000円

国庫補助10000円

自己負担14000円

国庫補助6000円

2

認定就農者(認定後5年以内)で青色申告者

自己負担10000円

国庫補助10000円

自己負担14000円

国庫補助6000円

3

区分1か2の者と家族経営協定を結び、経営に参画

している配偶者・後継者

自己負担10000円

国庫補助10000円

自己負担14000円

国庫補助6000円

4

認定農業者か青色申告者で、3年以内に両方満たす

と約束した者

自己負担14000円

国庫補助6000円

自己負担16000円

国庫補助4000円

5

35歳まで(25歳未満なら10年以内)に区分1になる

と約束した後継者

自己負担14000円

国庫補助6000円

なし

節税につながります

  自己負担分の保険料は、全額が社会保険料控除の対象になるので、所得税・住民税の節税(自己負担保険料の15パーセントから30パーセント程度)につながります。

受け取れる年金は2種類です

  • 自己負担分は、原則65歳から「農業者老齢年金」として生涯受け取れます。80歳前に亡くなった場合は、80歳までに受け取ると仮定した額が遺族に支払われます。
  • 国庫補助分は、原則65歳以降に経営継承して農業経営を引退した時から「特例付加年金」として生涯受け取れます。「通常加入」や旧制度の期間も含めた保険料納付済期間が20年以上必要です。年齢に関わらず、死亡した時点で支給は打ち切られます。

掲載日 平成27年8月29日 更新日 令和2年10月27日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
農業委員会事務局 農業振興係
住所:
〒377-0007 渋川市石原6-1
電話:
0279-22-2920
FAX:
0279-22-2132
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています