このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索

みんなで防ごう高齢者の事故!

みんなで防ごう高齢者の事故!

冬はお餅の窒息事故、入浴中の溺水事故が起きやすい季節です

  厚生労働省の「人口動態調査」によると、高齢者の不慮の事故による死亡者数は、「転倒・転落」、「誤嚥等の不慮の窒息」、「不慮の溺死及び溺水」の順に多く、これらの事故による死亡者数は、「交通事故」による死亡者数よりも多くなっています。
  特に冬季は、お餅による窒息事故、入浴中の溺水事故が起きやすい季節です。これらの事故を防ぐためには、高齢者本人だけでなく、周りで見守っている家族などの同居者も一緒になって対策を考える必要があります。

転倒・転落事故を防ぐために

家庭内
リビング
  • カーペットの端は浮かないように留める
  • マットの下には滑り止めを敷く
  • 新聞紙やチラシを床の上に放置しない
  • 高齢者が通る動線上に電源コードを引かない
廊下
  • 段差解消スロープを設置する
  • 足元を照らすランプを付ける
階段
  • 滑りやすい靴下やスリッパをはかない
  • 階段の途中に障害物を置かない
  • 手すりを設置する
  • 段の先に滑り止めを付ける
外出時
道路
  • なるべくスロープなどがある安全な場所を通る
  • 雨の日は滑りにくい靴を履く 
店舗などの駐車場
  • 空いている駐車スペースの枠内には入らず、決められた歩行者用通路を通る 

餅による窒息事故を防ぐために

  • 餅は小さく切っておく
  • 餅を食べる前に、先にお茶や汁物を飲んで喉をうるおしておく
  • 餅はよくかんで、唾液とよく混ぜ合わせてから飲み込む

入浴中の溺水事故を防ぐために

  • 入浴前に脱衣所や浴室を暖めておく 
  • 湯温は41 度以下、湯につかる時間は10 分を目安にする 
  • 浴槽から急に立ち上がらない 
  • 食後、飲酒後、医薬品服用後の入浴は避ける 
  • 入浴前に同居者に一声掛ける 
  • 同居者は入浴中の高齢者の動向に注意する

(補足)詳しくは、以下の消費者庁のホームページをご参照ください。

  https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/caution/caution_009/


掲載日 令和元年12月23日 更新日 令和2年11月30日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
市民環境部 市民協働推進課 自治活動支援係
住所:
〒377-8501 群馬県渋川市石原80番地
電話:
0279-22-2463
FAX:
0279-24-6541
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています