このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索
渋川市トップ市政情報政策・計画指定管理者制度> 渋川市の指定管理者制度

渋川市の指定管理者制度

指定管理者制度とは

  平成15年に地方自治法が一部改正され、「公の施設」の管理について、これまでの管理委託制度から指定管理者制度に移行するように改められました。

  指定管理者制度は、民間事業者の能力を広く活用することで、多様化する住民ニーズに効果的・効率的に対応し、住民サービスの向上などを図ることを目的としています。

公の施設

  「公の施設」とは、地方自治法第244条第1項において「住民の福祉を増進する目的をもってその利用に供するための施設」と定義されています。

例えば、以下の5つの要件を満たすものと考えられています。

  1. 住民の利用に供するためのもの
  2. 当該地方公共団体の住民の利用に供するためのもの
  3. 住民の福祉を増進する目的をもって設けるもの
  4. 地方公共団体が設けるもの
  5. 施設であること

導入の状況

  本市の指定管理者制度導入状況は次の一覧表のとおりです。

指定管理期間における管理運営評価

  指定期間の最終年度に、最終年度を除く指定期間全体における管理運営の評価を行いました。

モニタリング

指定期間中、年度ごとにモニタリングを実施しています。

 

公募による指定管理者の指定

 

 


掲載日 令和3年4月1日 更新日 令和3年9月16日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
総務部 総務課 法制・内部統制係
住所:
〒377-8501 群馬県渋川市石原80番地
電話:
0279-22-2112
FAX:
0279-24-6541
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー

  • 渋川市の指定管理者制度

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています