防ごう 高齢者虐待

最終更新日 2018年4月1日

ページID P000382

印刷

関係機関が連携し高齢者を支援

平成18年4月1日から、いわゆる「高齢者虐待防止法」が施行されたことに伴い、渋川市では高齢者の虐待防止・状況改善を図るためのネットワークを構築し、虐待の早期発見・対応に取り組んでいます。

このネットワークでは、本人・家族・知人・親せき・民生委員・施設の職員などから寄せられた虐待の通報や情報に基づいて、市の担当職員や各関係機関が連携を行い、虐待で苦しんでいる高齢者を支援し、状態改善・尊厳の回復に向け働きかけていきます。

ネットワークの画像

渋川市高齢者等あんしん見守りネットワーク実施要綱(PDF形式 121キロバイト)

発見した人は地域包括支援センターへ連絡を

次のような訴えや行為がある場合は、地域包括支援センターへ連絡してください。
高齢者への虐待を防ぐには、異変に気づいた人が、すぐに連絡することが大切です。
通報者や情報に関しての秘密は守られますので、安心してご相談ください。

  • 養護者から叩かれていて傷やアザがある
  • おびえていて心理的に不安がある
  • 食事を食べさせてもらっていない
  • 無視されている
  • 年金を家族などが取り上げている
  • 怒鳴り声がよく聞こえる
  • 家族がなげやりな態度で、医療や介護サービスを受けさせない

こんなことが虐待行為です。お金を取られる。心理的圧迫。身体的暴力。世話の放棄。性的嫌がらせ。

高齢者虐待発見チェックリスト(PDF形式:86KB)

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開き渋川市のサイトを離れます)が必要です。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市保健福祉部地域包括センター地域支援係

群馬県渋川市石原80番地
電話番号 0279-22-2179
ファクス番号 0279-24-6541
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。