このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索
渋川市トップ観光観る美術・芸術美術館・文学館> 徳冨蘆花記念文学館

徳冨蘆花記念文学館

徳冨蘆花終えんと記念館の写真

お知らせ

蘆花先生の命日

a11

9月18日は蘆花先生の命日でした。

この日にあわせたかのように白いホトトギスが咲いてくれました。

このお花をお供えし、蘆花先生を偲びました。

b1

b2

(令和4年9月18日撮影)

秋の訪れ

a1

9月に入り、暑い日が続きますが、朝晩は涼しくなり秋めいてきました。

文学館の灯りも、もみじに変わり秋に模様替えをしました。

b1

b2

記念館前のホトトギスが咲き始めました。

紫色の花は、たくさん咲き出しましたが、白い花はこれからのようです。

蘆花先生の命日である9月18日の頃には、白い花もたくさん咲くことでしょう。

(令和4年9月12日撮影)

9月の文学館

b

9月1日の気温は、23℃と比較的過ごしやすい気温でしたが、若干雨が降ったこともあり、文学館のラウンジから見える小野子山に大きな雲がかかっていました。

文学館のラウンジから見える景色は、日々表情を変えますので、ご来館の際はぜひゆっくり景色をご覧ください。

a

また、雨がたくさん降ると、時々下の川からサワガニが遊びにきます。かなり険しい道のりだと思うのですが実に不思議です。

もし見かけた際は、係員にお声かけください。

お知らせのバックナンバーについて

最新のお知らせを、上記に表示しています。これまでの記事は、下記のリンクからご確認ください。

徳冨蘆花記念文学館からのお知らせのバックナンバーは、こちらをクリックしてください。

施設の概要

  小説「不如帰(ほととぎす)」で有名な明治の文豪、徳冨蘆花は自然豊かな伊香保を気に入り、何度も足を運びました。徳冨蘆花記念文学館では、蘆花が定宿としていた旅館の離れを移築・復元し、記念館として公開しています。

  ほかに、当時の「写真や書簡、遺品、文学作品など蘆花に関する様々な資料を揃えた展示館もあり、豊富な展示資料からは蘆花の生い立ちや、時代背景についても触れることができます。

利用案内

開館時間

  • 8時30分から17時00分(入館は16時30分まで)

観覧料

  • 一般大人350円、小中高校生200円
  • 団体(20名以上)大人300円、小中高校生150円

    ただし、障がい者手帳等をお持ちの方と付き添いの方1名まで無料です。

休館日

年末休館

  • 12月25日から29日まで

メンテナンス休館

  • 令和4年6月17日(金曜日)
  • 令和4年7月8日(金曜日)
  • 令和5年1月27日(金曜日)

写真紹介

写真:常設展示室

常設展示室

写真:企画展示室

企画展示室

写真:記念館玄関

記念館玄関

写真:記念館終えんの部屋

蘆花終えんの部屋

写真:喫茶コーナー

喫茶コーナー

イベント情報

企画展

浮世絵展

  • 日程:令和4年5月1日(日曜日)から6月26日(日曜日)

いのちとえほん展

  • 日程:令和4年7月1日(金曜日)から8月31日(水曜日)

錦絵展

  • 日程:令和4年11月1日(火曜日)から令和4年12月24日(土曜日)

双六展

  • 日程:令和5年1月1日(日曜日)から令和5年2月26日(日曜日)

渋川の碑めぐり展

  • 日程:令和5年3月1日(水曜日)から4月23日(日曜日)

追悼お茶会

  蘆花を偲び、月命日に林宗静社中「静翠会」による追悼茶会を開催しています

 

  • 現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため追悼茶会を中止させていただきます。

お問い合わせ先

徳冨蘆花記念文学館

所在地 群馬県渋川市伊香保町伊香保614番地8

電話番号 0279-72-2237

ファクス番号 0279-72-2237(電話番号と共通)


掲載日 令和4年9月20日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
教育部 徳冨蘆花記念文学館
住所:
〒377-0102 群馬県渋川市伊香保町伊香保614番地8
電話:
0279-72-2237
FAX:
0279-72-2237
(メールフォームが開きます)

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています