このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索
渋川市トップ健康・医療・福祉福祉その他の福祉> 部落差別の解消の推進に関する法律(部落差別解消推進法)が施行されました

部落差別の解消の推進に関する法律(部落差別解消推進法)が施行されました

  部落差別の問題(同和問題)は、日本社会の歴史的発展の過程で生み出され、特定の地域の出身であることや、そこに住んでいるという理由だけで様々な差別を受ける、日本固有の重大な人権問題です。

  日本国憲法の理念に基づき、差別や偏見のない社会を実現するため、「部落差別の解消の推進に関する法律(部落差別解消推進法)」が、平成28年12月に施行されました。この法律は、「部落差別は許されないものである」との認識の下に、これを解消し、「部落差別のない社会を実現する」ことを目的としています。

  渋川市では、この法律の趣旨を踏まえ、国や県との連携を図り、部落差別の解消に向け引き続き取り組んでまいります。


掲載日 平成29年12月5日 更新日 令和2年11月5日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
福祉部 地域包括ケア課 管理係
住所:
〒377-8501 群馬県渋川市石原80番地
電話:
0279-22-2250
FAX:
0279-24-6541
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています