このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索
渋川市トップ暮らし・手続きごみ・環境保全鉄鋼スラグを含む砕石の使用状況> 平成28年9月26日鉄鋼スラグを含む砕石の使用状況調査結果について

平成28年9月26日鉄鋼スラグを含む砕石の使用状況調査結果について

  これまで確認した78か所以外で、2か所について鉄鋼スラグを含む砕石が使用されているとの情報が寄せられたことから、分析調査を行いました。

  この2か所について、鉄鋼スラグを含む砕石とその下の土壌を分析したところ、基準値を超過する箇所がありました。

  なお、大崎緑地公園の鉄鋼スラグを含む砕石の下の土壌については、大型土嚢(災害復旧や河川工事の土留め等に使用する袋)の下であることから試料採取ができないため土壌分析を行っていません。

  今後、確認済みの78か所と併せて総合的に検証し、順に措置することとします。

経過

経過
平成28年9月26日

市議会環境問題特別委員会に分析結果報告

26日 群馬県環境森林部環境保全課に調査箇所及び分析結果を報告

分析試験結果

分析試験結果概要
調 査 対 象 施工
形態
鉄鋼スラグを含む砕石
(環境安全品質基準)
土壌
(土壌汚染対策法)
溶出量 含有量 溶出量 含有量
基準値
以下
基準値
超過
基準値
以下
基準値
超過
基準値
以下
基準値
超過
基準値
以下
基準値
超過

市道
(路線)

1 敷砂利 0 1 1 0 0

1

1 0
公園
(か所)
1

大型

土嚢

0 1 0 1 - - - -


(路線またはか所)

2 - 0 2 1 1 0 1 1 0

(補足)「基準値超過」は、六価クロム、フッ素のいずれか、または両方で基準値を超過している箇所
「基準値以下」は、六価クロム、フッ素のいずれも基準値を超過していない箇所
(補足)「鉄鋼スラグを含む砕石」については、JISの環境安全品質基準に基づく分析方法、「土壌」については、土壌汚染対策法に基づく分析方法で行いました。

分析試験結果詳細

施工箇所位置

(補足)図中の数字は、「鉄鋼スラグを含む砕石の分析試験結果一覧(平成28年度追加分)(分析試験結果詳細)」中の調査番号と対応しています。


掲載日 平成28年9月26日 更新日 令和2年10月29日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
市民環境部 環境政策課 環境保全係
住所:
〒377-8501 群馬県渋川市石原80番地
電話:
0279-22-3733
FAX:
0279-24-6541
Mail:
(メールフォームが開きます)

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています