このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索
渋川市トップ暮らし・手続き国民健康保険保険税> 非自発的失業者に係る軽減措置について

非自発的失業者に係る軽減措置について

  平成21年3月31日以降に解雇等により失業した人で、一定の条件を満たす人は平成22年度から国民健康保険税の軽減措置等が適用されます。

該当者

  下記の条件にすべて該当する方です (以下「非自発的失業者」といいます)

  1. 平成21年3月31日以降に失業した方
  2. 失業時点(離職日)において65歳未満の方
  3. 求職活動をしている方
  4. 公共職業安定所交付の雇用保険受給資格者証をお持ちの方で、第一面「離職理由」欄に11、12、21、22、23、31、32、33、34のいずれかの番号が記載されている方(定年退職の方は対象者になりません。)

国民健康保険税の軽減等

国民健康保険税

  非自発的失業者の国民健康保険税の算出にあたっては、前年の給与所得を100分の30として算定することになりますので、国民健康保険税が軽減されることになります。

高額療養費の自己負担限度額等

  高額療養費等の自己負担限度額の判定についても、非自発的失業者の給与所得を100分の30として算定します。

  なお、この場合の低所得(市民税非課税)世帯は、実際の市民税非課税判定によらず、原則、「33万円+被保険者数×45万円」を下回る世帯となります。

適用期間

  平成22年度以降の年度に適用されます(下記参照)。ただし、就職して社会保険等に加入した場合はその時点までの適用となります。

国民健康保険税

  失業した日(平成21年3月31日以降の日に限る)の翌日の属する月から、その月の属する年度の翌年度末まで。

高額療養費の自己負担限度額等

  失業した日(平成21年3月31日以降の日に限る)の翌日の属する月の翌月(失業した日の翌日が1日の場合は、その月)から、その月が属する年度の翌々年度の7月末まで。

申請手続き

  下記のものを持参のうえ、本庁保険年金課または各行政センターで手続きしてください。

  • 雇用保険受給資格者証(原本に限る)
  • 国民健康保険被保険者証
  • 印鑑

掲載日 平成27年8月29日 更新日 令和2年11月11日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
スポーツ健康部 保険年金課 国保年金係
住所:
〒377-8501 群馬県渋川市石原80番地
電話:
0279-22-2429
FAX:
0279-24-6541
Mail:
(メールフォームが開きます)

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています