このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索
渋川市トップ暮らし・手続き交通交通安全> 自転車保険加入の義務化について

自転車保険加入の義務化について

  令和3年4月1日(木曜日)に群馬県交通安全条例の一部を改正する条例が施行となります。

  この条例改正により、群馬県では自転車利用者の自転車保険加入が義務付けられるほか、自転車ヘルメットの着用が努力義務となります。

  自転車の利用は自動車と同様、誰もが加害者となる可能性があります。

  万が一の備えの必要性を十分に認識し、自分自身や家族の自転車保険加入状況を確認しましょう。

改正の概要

自転車保険に関する改正事項

改正前 改正後
  • 自転車を運転する者は、自転車事故により生じた損害を賠償するための保険等への加入に努めるものとします。
  • 自転車利用者(未成年者を除く。)は、その自転車の利用に係る自転車保険に加入しなければなりません。
  • 保護者は、その監護する未成年者が自転車を利用するときは、その自転車の利用に係る自転車保険に加入しなければなりません。
  • 事業者は、その事業の用に供する自転車の利用に係る自転車保険に加入しなければなりません。
  • 自転車の貸付けを業とする者は、その貸付けの用に供する自転車の利用に係る自転車保険に加入しなければなりません。
  • 自転車を販売する者は、購入者に対し自転車保険加入の必要性等の情報提供に努めなければなりません。
  • 自転車を販売する者は、購入者に対し自転車保険の加入の有無を確認するよう努めなければなりません。
  • 購入者が保険に加入していることが確認できなかった場合は自転車保険に関する情報を提供するよう努めなければなりません。
  • 学校等を設置し、又は管理する者は、通学に自転車を利用している児童及び生徒に対し自転車保険加入の有無を確認するよう努めなければなりません。
  • 児童及び生徒が保険に加入していることが確認できなかった場合は、児童及び生徒並びに保護者に自転車保険に関する情報を提供するよう努めなければなりません。
  • 県は、自転車保険の加入を促進するため、関係団体と連携して、自転車保険に関する情報の提供その他の必要な施策を講ずるものとします。

自転車乗車用ヘルメットに関する改正事項

改正前 改正後
  • 規定なし
  • 自転車利用者は、乗車用ヘルメットを着用するように努めなければなりません。
  • 自転車利用者は、自転車に取り付けられた幼児用乗車装置に小学校就学の始期に達するまでの者を乗車させるときは、乗車用ヘルメットを着用させるよう努めなければなりません。
  • 保護者は、その監護する未成年者が自転車を利用するときは、乗車用ヘルメットを着用させるよう努めなければなりません。

公布及び施行日

  公布日:令和2年10月20日(火曜日)

  施行日:令和3年4月1日(木曜日)

自転車保険の加入について

  自転車保険に未加入の方は、下記ページを参考に加入手続きを行いましょう。

参考資料


掲載日 令和3年3月1日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
市民環境部 市民協働推進課 安全安心係
住所:
〒377-8501 群馬県渋川市石原80番地
電話:
0279-22-2463
FAX:
0279-24-6541
Mail:
(メールフォームが開きます)

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています