このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索
渋川市トップ暮らし・手続き共生社会心のバリアフリー> 共生社会推進啓発パンフレット「みんなでつくろうやさしい渋川」を作成しました

共生社会推進啓発パンフレット「みんなでつくろうやさしい渋川」を作成しました

  本市では、すべての人がお互いの人権や尊厳を大切にし、支え合い、誰もが自分らしく生き生きとした人生を送り、様々な人々の能力が発揮されている活力ある社会「共生社会実現のまち」を目指した取組を進めています。
  共生社会の実現を推進するためには、ユニバーサルデザインについての理解を深めるとともに、相手の立場にたった思いやりの気持ちを持ち行動することが大切です。
  そのための動機づけとなる共生社会推進啓発パンフレット「みんなでつくろうやさしい渋川」を作成しました。

ユニバーサルデザインについて

  誰もが使いやすいものを作ったり、くらしやすいまちをつくったりする考え方のことを、「ユニバーサルデザイン(UD)」とよんでいます。

ユニバーサルデザインの7つの決まりごと

  1. 公平性:だれでも利用できること
  2. 自由度・柔軟性:使い方を自由にえらべること
  3. 単純性:使い方がかんたんですぐ分かること
  4. 分かりやすさ:必要な情報がすぐに理解できること
  5. 安全性:うっかりミスや危険につながらないこと
  6. 負担の少なさ:少ない力でもかんたんに使用できること
  7. スペース等の確保:使いやすい大きさや広さになっていること

心のユニバーサルデザインとは?

  相手の立場にたった思いやりの気持ちが「心のユニバーサルデザイン」です。
  思いやりの心をもって、さまざまな人に「気づき」、そして「気づかい」、さらにあたたかい「声かけ」をして、相手がしてほしい「手助け」をすることを意識しましょう。 

ほじょ犬について

  ほじょ犬とは、「盲導犬」「介助犬」「聴導犬」のことをいいます。
  障害のある人が自立と社会参加をするための大切なパートナーです。
  • 盲導犬:目が不自由な人が行きたいときに行きたい場所へ出かけられるように、安全に歩くお手伝いをします。
  • 介助犬:手足が不自由な人のために、ものを拾ったり、ドアを開けたり、日常生活のお手伝いをします。
  • 聴導犬:耳が不自由な人に、チャイムや車のクラクションなど、生活に必要な音を知らせます。

ほじょ犬トイレってなあに?

  ほじょ犬は決められた時間や場所で用を足すよう訓練されています。人間と同じように、犬もトイレをがまんすると体調をくずしてしまいます。
  ほじょ犬ユーザーも、ほじょ犬も、安心して出かけられるよう、ほじょ犬用のトイレがあります。
  渋川市内にも、渋川ロータリークラブの寄附により、ほじょ犬トイレが7かしょに設置されています。
無題

ユニバーサルデザインをさがしてみよう!

ユニバーサルデザイン

掲載日 令和3年1月7日 更新日 令和3年6月14日
アクセス数
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
総合政策部 政策創造課 企画戦略・共生社会推進係
住所:
〒377-8501 群馬県渋川市石原80番地
電話:
0279-22-2396
FAX:
0279-24-6541
Mail:
(メールフォームが開きます)

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています