このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索
渋川市トップ暮らし・手続き共生社会心のバリアフリー> 「共生社会実現のまち 渋川市」推進に向けた取組を紹介します

「共生社会実現のまち 渋川市」推進に向けた取組を紹介します

共生社会の実現に向けた取組の輪を広げています

これまでに「共生社会実現のまち 渋川市」推進共同宣言を行った各団体の取組について紹介します。

 

笑って子育てロリポップ

  • 多くの人にユニバーサルシートを知ってもらい、設置してほしい、障害児でも気軽におでかけできる世の中になってほしいという願いから、「全国ユニバーサルシート大作戦!」を行っています。
    イベント会場などでお使いいただけるよう、ユニバーサルシートを搭載した車のレンタルも行っています。
  • 医療的ケア児の生活をケアする母親たちの情報交換や障害児の居場所づくりのため、ランチミーティングや講演会を開催しています。
S__113573963

赤城自然園

  • 歩行困難なお客様や高齢のお客様のために車椅子の貸出の他、ゴルフ場のカートで園内の一部を移動できるようにしています。
    今までご来園いただけなかった方やそのご家族から、園内を見て回れたと喜んでいただいています。
  • 渋川特別支援学校の生徒が実習に来られたことをきっかけに、交流を続けています。
    生徒自身が作業製品の納品やディスプレイをし、赤城自然園の売店で作品販売をしています。

園内カート  支援学校  支援学校 (2)

日本郵便株式会社(渋川市内郵便局)

  • 市内を走るすべての二輪車、四輪者にシンボルマークのステッカーを掲示しています。
  • 窓口社員がシンボルマークのピンバッジを着用することで意識を高め、人権や尊厳を大切にした優しく感動できるお客様対応を行っています。
  • 高齢者、障害者、子ども及びその他の住民等の異変に気付いた場合の対応や、安心、安全な暮らしの実現に関すること等について市と包括連携協定を締結しています。

郵便局二輪  郵便局四輪

群馬パース大学福祉専門学校

  • 全クラスの学生に、共同宣言の意義と「共生社会の実現」について考える授業を実施しました。
  • 新入生を対象に、障害平等に関するセミナーの実施を検討しています。
  • 高齢者や障害者の疑似体験教室を小学校や中学校などで行っています。

IMG_3182  IMG_3184

北毛保健生活協同組合

  • 倫理的問題を協議する委員会で、「ぐんまパートナーシップ制度」の同意の取扱いについて規定しました。
  • 組合員とSDGsの学習を行います。
  • 関係団体と協同して「フードバンク」を開催しています。
    また、西部包括での居場所づくりとして「あじさいCafe」を運営しています。
  • コロナによる偏見や差別をなくすため、シトラスリボンプロジェクトの活動をしています。 
    組合員のみなさんにつくっていただいたリボンは、市役所の窓口でワクチン差別防止のチラシと供にお渡ししています。

6046fc3ace436  IMG20210906105836

生活協同組合コープぐんま

  • コープデリ北部センターのトラックにシンボルマークのステッカーを掲示しています。
  • 子ども食堂の開催・支援やフードドライブの実施、社会貢献団体支援事業などを行っています。
  • 視覚に障害がある方には、商品の特徴などを読み上げるカタログのCDを届け、注文ができるようにしています。
  • 今後は学生支援事業を検討しています。

トラック背面

東京電力パワーグリッド株式会社 渋川支社

  • 医療従事者への感謝を込め、社屋鉄塔のブルーライトアップや、オリジナルポスターの掲示を行いました。
    クラップ・フォー・ケアラーズも行っています。
  • 乳がんの早期発見・早期治療推進することを目的としたピンクリボン月間にあわせ、社屋鉄塔をピンクにライトアップしました。
  • 多様な性の理解に向けた研修会を実施しています。
  • 今後は特別支援学校等の作品など、窓口を活用して展示をしていきます。

blue light up  t5500152_20210201_4  t5500152_20210915_11  ピンクライトアップ5

関越交通株式会社

  • 伊香保温泉線にノンステップバスを導入し、シンボルマークをラッピングして運行しています。
  • 伊香保温泉線、渋川市委託バスにシンボルマークのステッカーを貼付しています。
  • 路線バス、タクシー車内に「わけがありますく」のチラシを掲示しています。
  • 県内小学校でバスの乗り方教室を開催しています。
  • 従業員を対象に、ハラスメントの禁止と人権の尊重について研修を実施しました。

DSC_0003  DSC_0044

東日本旅客鉄道株式会社 高崎支社 渋川駅

  • 駅正面やみどりの窓口に、渋川駅は「共生社会実現のまち 渋川市」に賛同しているメッセージを添えてシンボルマークを掲示しています。
  • お客様への「声かけサポート運動」を積極的に行っています。
  • 優先席を利用できないという声を受けて、市内の高校にて乗車マナーアップのお願いをしました。
  • 渋川駅全職員がサービス介助士の資格を取得しています。
    また、様々な体の特性を持つお客様のご案内方法について、定期的に勉強会を行っています。
  • 渋川ロータリークラブよりほじょ犬トイレを寄贈いただき、設置しました。

掲示(2)-2  DSC_0045  DSC_0003

渋川ロータリークラブ

ほじょ犬トイレ寄贈式  ほじょ犬トイレ  DSCN4714

DET群馬

  • 県内外でDET(障害平等研修)を行っています。
    昨年度は渋川市で7回開催しました。
  • 研修のみで終わらせることのないよう、多様な市民が一体でイベントを企画するなど、「ごちゃまぜ」が当たり前の地域事業を増やすための企画をしています。
    みんなの運動会や学生とのバリアフリー調査、お祭り後のゴミ拾いなどを行ってきました。

DSC_0026DSC_0155

精神保険福祉ボランティアたんぽぽの会

  • 精神障害者が地域でごく自然に当たり前に生活できるように支援をしています。
    そのために、サロンたんぽぽ(お茶やお菓子をいただきながら楽しい時間を過ごし、居場所をつくる)の開催や、施設訪問、料理教室などを開催しています。
    また、ボランティア養成講座を開催しています。

渋川市手話サークル おりづるの会

  • 共同宣言について団体の会報に掲載し、会員内で啓発を行いました。

渋川市手話サークル あじさいの会

  • 研修や学習により障害の特性を正しく学び、交流を通して正しく理解する取り組みをしています。
  • 会員拡大をして、手話を広めていきます。

渋川市民生委員児童委員協議会

  • 全委員対象にバリアフリーセミナーを実施しました。
    各地区定例会において具体的な行動等を話し合う予定です。

渋川市保護司連絡協議会

  • 罪を犯した人が更生する際の支援を行っています。
    特に就労の機会を与えたり、就労中の周囲との問題解決や本人の就労意欲の向上のサポートをしています。
  • 今後も再犯防止や当事者の更生に向けた、市民の皆様の理解と共生社会の構築に取り組んでいきます。

社会福祉法人渋川市社会福祉協議会

  • 社会問題となっている「ひきこもり問題」について、問題の周知やボランティアの養成を目的に、関係団体と連携し、ひきこもり支援交流会を開催しています。
    また、福祉学習支援事業や日常生活自立支援事業、だれでも広場の運営なども行っています。

一般社団法人渋川伊香保温泉観光協会

  • まち歩きサービスアプリ「伊香保ナビ」を運営しています。
  • 特別支援学校の郊外作品展等への協力を行っています。
  • 今後もバリアフリー対応施設の情報を発信していきます。

特定非営利活動法人 渋川広域ものづくり協議会

  • 小野池あじさい公園で多くの人が訪れやすくなるよう勉強会を行いました。
    車いすを用いた園内の点検や、自分たちにできることは何か意見の交換も行いました。
    今後も、誰もが花を楽しめるまちづくりのため、勉強会や働きかけを行う予定です。
  • 小野池里山の整備活動を行い、そこで年2回のイベントを開催しています。
    多くの市民の方に参加いただいていますが、今後、多様な市民の交流の場となるよう検討していきます。

渋川市聴覚障害者福祉協会

  • 市内施設の視察をしました。
    引き続き、聴覚に障害のある人たちに役立つものを備えていただくよう働きかけていきます。
  • 聴覚に障害がある人、自分の言葉で思いを伝え合えるまちになるよう、手話の普及を行っています。
    出前手話教室や動画の配信の他、公共機関への専用コミュニケーションボードの設置などを予定しています。

渋川市スポーツレクリエーション協会

  • 障がい者とともにできる行事を企画していくことを目標とし、指導者研修会の内容にボッチャを検討しています。

渋川市スポーツ推進委員協議会

  • 時期未定で開催延期になっていますが、シッティングバレーボールの体験教室を受講し、パラスポーツへの理解を深める予定です。

渋川市人権擁護委員協議会

  • 中止となった人権教室のかわりに、DVDを作成し、市内全小学校に配布しました。
    手作りの紙しばいで、誰にでも良さがあること、仲良く過ごすことの大切さを伝えました。


 

今までに共同宣言を行った団体はこちらをご覧ください。
「共生社会実現のまち 渋川市」推進共同宣言


今後も共生社会の実現に向けた取組を進めていきます。

 


掲載日 令和3年2月8日 更新日 令和4年1月4日
アクセス数
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
総合政策部 政策創造課 企画戦略・共生社会推進係
住所:
〒377-8501 群馬県渋川市石原80番地
電話:
0279-22-2396
FAX:
0279-24-6541
Mail:
(メールフォームが開きます)

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています