このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索
渋川市トップ健康・医療・福祉健康・医療予防接種> 高齢者肺炎球菌の定期予防接種について

高齢者肺炎球菌の定期予防接種について

高齢者肺炎球菌の定期予防接種のお知らせ

肺炎球菌予防接種は、平成26年10月から、国の予防接種法に基づき実施される予防接種となりました。当初の予定では、平成31年度から対象者は65歳のみとしていましたが、厚生労働省が定期接種対象者の拡大を図ることを決定し、70歳以上の方で一度も接種していなければ、指定された期間に接種ができることとなりました。
なお、予防接種を受けることの義務はなく、ご本人が希望する場合のみ予防接種を行います。

対象者

これまでに高齢者肺炎球菌感染症に係る予防接種を受けておらず、令和3年度に指定の年齢となる方(下表参照)
※対象期間は令和3年4月1日から令和4年3月31日まで
対象年齢
対象者 生年月日
65歳になる者 昭和31年4月2日生~昭和32年4月1日生
70歳になる者 昭和26年4月2日生~昭和27年4月1日生
75歳になる者 昭和21年4月2日生~昭和22年4月1日生
80歳になる者 昭和16年4月2日生~昭和17年4月1日生
85歳になる者 昭和11年4月2日生~昭和12年4月1日生
90歳になる者 昭和6年4月2日生~昭和7年4月1日生
95歳になる者 大正15年4月2日生~昭和2年4月1日生
100歳になる者 大正10年4月2日生~大正11年4月1日生
※現在60歳以上65歳未満の方で、心臓、じん臓もしくは呼吸器の機能又はヒト免疫ウイルスによる免疫の機能に障害を有する方も対象となります。

自己負担金

2,000円

接種方法

保険証、予診票(対象者に郵送します)を持参して、実施医療機関で接種してください。

実施医療機関

pdf令和3年度高齢者肺炎球菌実施医療機関名簿(pdf 163 KB)

高齢者と肺炎

  日本人の死因は、1位がん、2位心臓病、3位脳卒中、4位肺炎となっています。特に高齢者が肺炎にかかると重症化しやすく、年齢とともに肺炎による死亡率が高くなり、肺炎による死亡者の95パーセント以上が65歳以上となっています。

  肺炎の最も多い原因菌は肺炎球菌で、成人の肺炎の25パーセントから40パーセントを占めています。

肺炎球菌予防接種

効果

  高齢者の肺炎球菌の中で、最も頻度の高い「肺炎球菌」という細菌感染を予防するワクチンです。肺炎球菌には、80種類以上じの型がありますが、肺炎球菌ワクチンの予防接種により、そのうち23種類に対して免疫を得ることができます。接種により、肺炎球菌による肺炎の8割に効果があるといわれてます。ただし、肺炎球菌ワクチンは「すべての肺炎に有効というわけではない」ことをご理解ください。

  肺炎球菌ワクチンの効果は、ワクチンの接種後、免疫ができるまでにおよそ3週間ほどかかります。また、1回の接種で免疫効果は5年以上持続するといわれています。肺炎球菌に対する免疫ができると、肺炎にかかっても軽い症状ですむ効果があります。

副反応

  接種後、接種した部分が赤くなったり、腫れたり、熱を持ったり、痛むことがありますが、通常2日から3日で治まります。そのほか、熱っぽい、だるいなど体調の変化があった場合には、すぐに医師に相談してください。

再接種について

再接種の注意点

  過去5年以内に接種を行ったことがある人では、再接種により注射部位の疼痛、紅斑、硬結等の副反応が、初回接種よりも頻度が高く、程度が強く発現することがあります。また初回接種から5年以上経過した際にもこのような注射部位の反応等が発現することがありますので、再接種を行う際には、このような副反応のリスクを把握し、再接種の必要性を慎重に検討した上で、前回接種から十分な間隔を確保して再接種を行うことが必要です。

再接種を奨められる人(過去に定期接種、市の助成を受けて接種した人は、次回以降の費用は自己負担となります)

  初回接種から5年以上経過し 、次に示すような肺炎球菌による重篤疾患に罹患する危険性が極めて高い人、及び肺炎球菌特異抗体濃度が急激に低下する可能性のある人が、再接種の対象とされています。(日本感染症学会「肺炎球菌ワクチン再接種に関するガイドライン」より)

  1. 65歳以上の高齢者
  2. 機能的又は解剖学的無脾症(例:鎌状赤血球症、脾摘出)の患者
  3. HIV感染、白血病、悪性リンパ腫、ホジキン病、多発性骨髄腫、全身性悪性腫瘍、慢性腎不全、又はネフローゼ症候群の患者、免疫抑制科学療法(副腎皮質ステロイドの長期全身投与2 を含む)を受けている患者、臓器移植又は骨髄移植を受けたことのある者

 


掲載日 令和3年4月1日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
スポーツ健康部 健康増進課 管理予防係
住所:
〒377-0007 群馬県渋川市石原6番地1 第二庁舎一階
電話:
0279-25-1321
FAX:
0279-20-1037
Mail:
(メールフォームが開きます)

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています