このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索

防災

前ページ 1 2 次ページ
風水害時における避難行動について 情報防災部 危機管理室 危機管理係
市では、より実効性のある防災体制へと大幅に地域防災計画の見直しをしているところですが、市民の皆様一人一人の実情に即した防災対応を行うことは困難です。加えて、気象現象が変化するなか、特に突発的な災害や激甚な災害では、避難情報の発令が間に合わ...
洪水から身を守るために 情報防災部 危機管理室 危機管理係
近年、豪雨災害が局所化・激甚化・頻発化し、各地で甚大な被害が発生しています。 渋川市内でも洪水が発生するおそれがあります。 そのため渋川市は被害を最小限に抑えるため、洪水から身を守るための情報を改めて市民の皆さんへお知らせします。 洪水に...
要配慮者利用施設における避難確保計画の作成について 情報防災部 危機管理室 危機管理係
要配慮者利用施設における避難確保計画作成等の義務化について 水防法及び土砂災害防止法が平成29年6月19日に改正され、要配慮者が利用する施設の所有者または管理者については、洪水・土砂災害における防災体制や訓練の実施に関する事項を定めた「避...
避難所における新型コロナウイルスの対応について 情報防災部 危機管理室 危機管理係
新型コロナウイルスの感染予防を想定した避難所運営について説明します 避難所での感染リスクを下げるために 新型コロナウイルス感染症がまん延する状況において災害が発生し、避難所を開設する場合には、感染症対策に万全を期すことが重要となっています...
電話・FAXによる緊急情報配信サービス 情報防災部 危機管理室 危機管理係
携帯電話を使用していない方で緊急情報の入手が比較的困難な高齢者などを対象に、災害時などに、ご自宅の電話やFAXに緊急情報を配信します。 この緊急情報は「0570-095-999」の電話番号から直接ご自宅に配信されます。 サービスの利用をご...
渋川市のハザードマップについて 情報防災部 危機管理室 危機管理係
渋川市では、身の回りでどんな災害が発生する危険性があるのか、災害が発生した場合はどのように行動するのか、普段から皆様に目にしていただき、いざというときのために備えるため、ハザードマップを作成しています。 土砂災害・地震災害等に関するハザー...
警戒レベルを用いた避難情報について 情報防災部 危機管理室 危機管理係
警戒レベル4避難指示で危険な場所から必ず全員避難 詳細は、内閣府のホームページ(新しいウィンドウが開きます)をご覧ください。
災害時用液体ミルクを備蓄しました。 情報防災部 危機管理室 危機管理係
災害発生時の混乱期に乳児の授乳に対応するため、群馬県内の自治体で初めて、乳児用液体ミルクの備蓄を完了しました。 実際の災害時には、人工乳の授乳が必要と認められた方に、提供する予定です。 その他、市では、こども安心防災備蓄品整備事業として、...
洪水に関するハザードマップ 情報防災部 危機管理室 危機管理係
平成29年度に水防法が改正され、利根川の洪水浸水想定区域が大幅に見直しとなり、平成30年度には、中小河川における洪水浸水想定区域が公表されたことから、平成31年3月に洪水ハザードマップを作成しました。 洪水浸水想定区域図のほか、水防法改正...
防災関連情報リンク集 情報防災部 危機管理室 危機管理係
災害時に活用できる防災関連情報をご案内します。ご活用ください。 気象情報 キキクル(危険度分布)(気象庁)(新しいウィンドウが開きます) 高解像度ナウキャスト(気象庁) 防災情報 気象・地震・火山情報(前橋地方気象台) 群馬県防災ポータルサ...
全国瞬時警報システム(Jアラート)の訓練放送について 情報防災部 危機管理室 危機管理係
緊急時における住民の皆さんへの迅速かつ確実な情報伝達に役立てるよう、以下の日程で全国一斉のJアラート訓練が実施されます。 また毎月第四水曜日に、全国瞬時警報システム(Jアラート)の定期訓練を実施しています。 全国瞬時警報システム(Jアラート...
利根川に係る浸水想定区域図の見直しについて 情報防災部 危機管理室 危機管理係
今回、水防法の改正に伴う、洪水浸水想定区域図の改訂が行われました。 洪水浸水想定区域図の改訂等は、以下のポイントで見直しされました。 想定する降雨を「想定し得る最大規模の降雨」に拡大 浸水継続時間の明示 家屋倒壊等氾濫想定区域(氾濫流・河...
スマートフォンアプリ等による国民保護情報の配信サービスの活用について 情報防災部 危機管理室 危機管理係
弾道ミサイル情報等の国民保護情報については、現在、Jアラートを通じて市町村の防災行政無線等により国民に伝達されるほか、消防庁から携帯大手事業者(株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社、ソフトバンク株式会社)を経由...
弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について 情報防災部 危機管理室 危機管理係
北朝鮮により弾道ミサイルが発射された場合で、日本に飛来する可能性があるときは、関係する地域の住民に対して全国瞬時警報システム(Jアラート)を使用して情報伝達することとしております。当該情報伝達の流れや注意点、武力攻撃やテロなどから身を守る...
災害時備蓄品について 情報防災部 危機管理室 危機管理係
渋川市の災害時備蓄品の現況 本市では、災害等発生時、家屋の倒壊等により生活が困難となった方に対し、最低限の食料や水、生活必需品の提供を行うため、災害時備蓄品の購入と管理を行っています。 本市における食料品等の備蓄状況は、「渋川市防災備蓄品一...
北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について 情報防災部 危機管理室 危機管理係
北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する場合、弾道ミサイルは極めて短時間で日本に飛来することが予想されることから、全国瞬時警報システム(Jアラート)を使用した情報伝達について、お知らせします。詳細は、別添:「全国瞬時警報システム(...
「停電情報提供サービス」について 情報防災部 危機管理室 危機管理係
大雨や落雷などにより、お住まいの地域の電気が消えてしまったときは、パソコンや携帯電話、スマートフォンなどで「停電情報提供サービス」(東京電力)をご利用ください。停電状況や復旧見込み時刻が確認出来ます。なお、ご自宅だけが停電している場合は、...
災害時における避難行動基準について(水害・土砂災害) 情報防災部 危機管理室 危機管理係
災害時における避難行動基準について(水害・土砂災害) 市は、住民の避難するタイミングを示した避難行動基準を作成しました。住民一人一人が避難行動を取ることが市が目指す「災害時、犠牲者ゼロ」につながることになります。 「住民」と「行政」が、一つ...
前ページ 1 2 次ページ

最近チェックしたページ