このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索
渋川市トップ暮らし・手続き上下水道水道> 昼(ひる)も夜(よる)もはたらく水道(すいどう)の水(みず)

昼(ひる)も夜(よる)もはたらく水道(すいどう)の水(みず)

  わたしたちの国(くに)には約(やく)一億二千万(いちおくにせんまん)もの人(ひと)たちが住(す)んでいますが、そうした人たちが社会活動(しゃかいかつどう)するには、とてもたくさんの水が必要(ひつよう)です。なぜなら水がなくてはわたしたちは生(い)きられないし、また、社会(しゃかい)のいろいろな仕組(しく)みなどを動(うご)かすこともできないからです。

  日本(にほん)全国(ぜんこく)の平均(へいきん)で、ひとり一日約364リットルもの水道の水を使(つか)っています。わたしたちのくらしには、こんなにたくさんの水が必要(ひつよう)なのです。

  つまり、浄水場(じょうすいじょう)でつくられた水道の水は昼(ひる)も(夜)よるも少(すこ)しも休(やす)まずに、それぞれの家庭(かてい)や会社(かいしゃ)や商店(しょうてん)、あるいは学校(がっこう)や病院(びょういん)、火事(かじ)の消火(しょうか)、そして工場(こうじょう)や交通機関(こうつうきかん)などに送(おく)られているのです。

  また、いつでも、どこでも安全(あんぜん)でおいしい水を使用(しよう)できるようにさまざまな施設(しせつ)を使ってつねに水道の水を検査(けんさ)しながら、水源(すいげん)からじゃ口(ぐち)まで見守(みまも)られています。

  日本(にほん)の水道は、じゃ口から直接(ちょくせつ)飲(の)める世界(せかい)に誇(ほこ)れる水道です。大切(たいせつ)に使うようこころがけましょう。


掲載日 平成27年8月29日 更新日 令和2年10月2日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
上下水道局 総務経営課 総務企画係
住所:
〒377-0007 群馬県渋川市石原6番地1
電話:
0279-22-2504
FAX:
0279-22-2167
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています